草思社

書籍詳細

【文庫】隅っこの昭和
―― モノが語るあの頃
ちゃぶ台、手拭い、たらい、蚊帳、万華鏡、七輪、縁側…。モノを通じて、昭和の暮らしと人情がよみがえる珠玉のエッセイ111編。著者描きおろしの挿絵入り。
ISBN 978-4-7942-2121-6
定価 880円(本体800円)
判型 文庫判
頁数 376頁
初版刊行日 2015年04月08日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
出久根達郎
1944年、茨城県生まれ。作家。古書店主。中学卒業後、上京し古書店に勤め、73年より古書店「芳雅堂」(現在は閉店)を営むかたわら文筆活動を行う。92年『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞、翌年『佃島ふたり書房』で直木賞、2015年『短篇集 半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。他に『古本綺譚』『作家の値段』『雑誌倶楽部』『春本を愉しむ』『本があって猫がいる』『隅っこの昭和』『幕末明治 異能の日本人』『桜奉行』『漱石センセと私』など多数。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する