www.soshisha.com
本を探す
江戸時代の罪と罰
重罪人は牛裂、釜煎、鋸引。減刑されても耳そぎ鼻そぎ。牢屋の中は疫病蔓延、リンチの嵐──。想像を絶する江戸時代の刑罰と牢獄の実態を史料から克明に描く。
ISBN 978-4-7942-2168-1
定価 1,944円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 320頁
初版刊行日 2015年11月25日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
氏家幹人
1954年福島県生まれ。東京教育大学文学部卒業。歴史学者(日本近世史)。江戸時代の「性」「老い」「家族」を中心テーマに、独自の切り口で研究を続けている。著書に『かたき討ち』(草思社文庫)、『江戸藩邸物語』(中公新書)、『武士道とエロス』(講談社現代新書)、『江戸人の老い』(PHP新書)、『江戸の少年』(平凡社ライブラリー)、『不義密通』(洋泉社MC新書)、『サムライとヤクザ』(ちくま文庫)、『旗本御家人』(洋泉社歴史新書y)などがある。
 この本へのご意見・ご感想
この本を購入する