www.soshisha.com
本を探す
日本人はどのように建造物をつくってきたか 全10巻
6 巨大古墳
―― 前方後円墳の謎を解く
東アジアで最大規模の墳墓である大山古墳(仁徳陵)の数々の不思議に満ちた成り立ちを、新しい研究成果をふまえ、名探偵さながらの手法で解き明かす。
ISBN 978-4-7942-0220-8
定価 2,376円(本体2,200円)
判型 B5判
頁数 96頁
初版刊行日 1985年04月25日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
森浩一
1928年大阪市に生まれる。同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻修士課程修了。同志社大学名誉教授。2012年、永年の考古学・古代史への貢献により第22回南方熊楠賞を受賞。2013年没。
穂積和夫
1930年東京生まれ。東北大学工学部建築学科卒業。長沢節氏に師事して絵を学ぶ。設計事務所を経てイラストレーターに。1950年代からいち早くアメリカのアイビーファッションを装いやイラストに取り入れ、日本のアイビー文化を創り上げた一人。ファッションやカーイラスト、建築や歴史など手がけたイラストは多岐にわたる。著書に『絵本アイビーボーイ図鑑』(万来社)『日本の建築と街並みを描く』(彰国社)『絵で見る 明治の東京』、シリーズ『日本人はどのように建造物をつくってきたか』全10巻・共著(いずれも草思社)など。
 この本へのご意見・ご感想