www.soshisha.com
本を探す
伊勢屋稲荷に犬の糞
―― 江戸の町は犬だらけ
江戸に多いもの、伊勢屋稲荷に犬の糞──と落語でネタにされる程、江戸には犬や犬の糞が多かったという。犬はなぜ増えたのか?糞はなぜ放置されたか?史料から江戸時代の犬の生態に迫る。
ISBN 978-4-7942-2222-0
定価 1,620円(本体1,500円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2016年08月24日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
仁科邦男
1948年東京生まれ。70年、早稲田大学政治経済学部卒業後、毎日新聞社入社。下関支局、西部本社報道部、『サンデー毎日』編集部、社会部などを経て2001年、出版担当出版局長。05年から11年まで毎日映画社社長を務める。名もない犬たちが日本人の生活とどのように関わり、その生態がどのように変化してきたか、文献史料をもとに研究を続ける。動物文学会会員。ヤマザキ学園大(動物看護学部)で「動物とジャーナリズム」を教える(非常勤講師)。著書に『九州動物紀行』(葦書房)、『犬の伊勢参り』(平凡社新書)、『伊勢屋稲荷に犬の糞 江戸の町は犬だらけ』(草思社)がある。
 この本へのご意見・ご感想
この本を購入する