www.soshisha.com
本を探す
【文庫】ヒトラーとは何か
ナチスの興亡を同時代人として体験したジャーナリストが、ヒトラーの野望の軌跡を臨場感あふれる筆致で描いた傑作評伝。独自のヒトラー解釈で話題を呼んだ名著。
ISBN 978-4-7942-2292-3
定価 1,058円(本体980円)
判型 文庫判
頁数 320頁
初版刊行日 2017年08月08日
原書タイトル ANMERKUNGEN ZU HITLER
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
セバスチャン・ハフナー
1907年生まれ。ドイツの著述家、ジャーナリスト。ナチス政権下の1938年にイギリスに亡命し、「オブザーヴァー」紙で活躍。第2次大戦後、ドイツに戻り、政治コラムニストとして「ヴェルト」紙、「シュテルン」誌などを拠点に活動。著書に『ドイツ現代史の正しい見方』(草思社)、『ドイツ帝国の興亡』『裏切られたドイツ革命』(ともに平凡社)、『ナチスとのわが闘争』(東洋書林)などがある。1999年没。
瀬野文教
翻訳家。1955年東京生まれ。北海道大学大学院独文科修士課程修了。訳書に、ハフナー『ドイツ現代史の正しい見方』、ホルストマン『野戦病院でヒトラーに何があったのか』、ヴァイス『目撃者』(以上、草思社)、クルツ『ロスチャイルド家と最高のワイン』(日本経済新聞出版社)など多数。著書に『リヒャルト・ハイゼ物語』(中央公論新社)など。
 この本へのご意見・ご感想
この本を購入する