草思社

書籍詳細

海に生きた百姓たち
―― 海村の江戸時代
手漕ぎ船だけでどう漁をした?網元と網子の対立と協調の歴史とは?渋沢敬三が奥駿河湾岸で発見した古文書等を取り上げ、江戸期以降の漁業の実態を時系列で追いかける。
ISBN 978-4-7942-2404-0
定価 2,376円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 296頁
初版刊行日 2019年07月25日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
渡辺尚志
1957年、東京都生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。国文学研究資料館助手を経て、現在、一橋大学大学院社会学研究科教授。今日の日本の礎を築いた江戸時代の百姓の営みについて、各地の農村に残る古文書をひもときながら研究を重ねている。著書に『百姓たちの幕末維新』『武士に「もの言う」百姓たち─裁判でよむ江戸時代』『幕末・明治 百姓たちの山争い裁判』『百姓たちの水資源戦争─江戸時代の水争いを追う』(いずれも草思社)、『百姓たちの江戸時代』(ちくまプリマー新書)、『東西豪農の明治維新』(塙書房)、『百姓の力』(角川ソフィア文庫)、『百姓の主張』(柏書房)などがある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する