草思社

書籍詳細

トラーとカイザー
―― ドイツ表現主義演劇
「変容」のトラー、「ガス」のカイザー──戦後、顧みられることの少ない二人の劇作家の生涯と作品に光をあて表現主義演劇の本質と魅力を精緻に分析、紹介した書。
ISBN 978-4-7942-0238-3
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 216頁
初版刊行日 1986年04月10日
原書タイトル GERMAN EXPRESSIONIST DRAMA
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
レナーテ・ベンスン
小笠原豊樹
1932年生まれ。2014年没。訳書にマヤコフスキー、ソルジェニーツィン、プレヴェール、ロス・マクドナルド、ブラッドベリ、トロワイヤなど多数。2014年に著書『マヤコフスキー事件』で第65回読売文学賞(評論・伝記賞)受賞。また岩田宏名義で、詩をはじめ随筆、小説、評論を多数発表。1966年に「岩田宏詩集」で藤村記念歴程賞受賞。
この本へのご意見・ご感想