草思社

書籍詳細

崩壊学
―― 人類が直面している脅威の実態
頻発する異常気象、エネルギーの枯渇、グローバル化によるリスクの拡大……。人類を取り巻く危機を多角的に考察し、フランスでベストセラーとなった警世の書。
ISBN 978-4-7942-2412-5
定価 2,200円(本体2,000円)
判型 四六判
頁数 272頁
初版刊行日 2019年09月04日
原書タイトル Comment TOUT PEUT S'EFFONDRER
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
パブロ・セルヴィーニュ
1978年ヴェルサイユ生まれ。農業技師で生物学博士。崩壊学とトランジション、環境農業、相互扶助の専門家。著書に『危機の時代のヨーロッパで食を供給する』(未訳、2014年)などがある。
ラファエル・スティーヴンス
ベルギー出身。環境コンサルタント。社会環境システムのレジリエンスの専門家。環境問題の国際的コンサルタント組織「グリーンループ」の共同創設者。
鳥取絹子
翻訳家、ジャーナリスト。主な著書に『「星の王子さま」 隠された物語』(KKベストセラーズ)など。訳書に『私はガス室の「特殊任務」をしていた』(河出文庫)、『巨大化する現代アートビジネス』(紀伊國屋書店)、『地図で見るアメリカハンドブック』『地図で見る東南アジア』『地図で見るアフリカ』(以上、原書房)など多数。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する