草思社

書籍詳細

21世紀の啓蒙(上)
―― 理性、科学、ヒューマニズム、進歩
世界は暗黒に向かってなどいない。飢餓、貧困から平和、人々の知能まで、多くの領域が啓蒙の理念と実践により改善されたことをデータで提示する、全米ベストセラー。
ISBN 978-4-7942-2421-7
定価 2,750円(本体2,500円)
判型 四六判
頁数 472頁
初版刊行日 2019年12月20日
原書タイトル ENLIGHTENMENT NOW
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
スティーブン・ピンカー
ハーバード大学心理学教授。認知科学者、実験心理学者として視覚認知、心理言語学、人間関係について研究している。進化心理学の第一人者。主著に『言語を生みだす本能』、『心の仕組み』、『人間の本性を考える』、『思考する言語』(以上NHKブックス)、『暴力の人類史』(青土社)、『良い文章とは(The Sense of Style)』(未邦訳)があり、最新の『21世紀の啓蒙』が10冊目になる。研究、教育ならびに著書で数々の受賞歴があり、2004年には米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に、2005年にはフォーリンポリシー誌の「知識人トップ100人」に選ばれた。米国科学アカデミー会員。『アメリカン・ヘリテージ英語辞典』の語法諮問委員会議長も務めている。
橘明美
英語・フランス語翻訳家。お茶の水女子大学卒。訳書にドミトリ・チェルノフ+ディディエ・ソネット『大惨事と情報隠蔽』(草思社、共訳)、ジェイミー・A・デイヴィス『人体はこうしてつくられる』(紀伊國屋書店)、フランソワ・ヌーデルマン『ピアノを弾く哲学者』(太田出版)ほか。
坂田雪子
英語・フランス語翻訳家。神戸市外国語大学卒。訳書にドミトリ・チェルノフ+ディディエ・ソネット『大惨事と情報隠蔽』(草思社、共訳)、ロバート・I・サットン『スタンフォードの教授が教える 職場のアホと戦わない技術』(SBクリエイティブ)、クリストフ・アンドレ『はじめてのマインドフルネス』(紀伊國屋書店)ほか。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する