草思社

書籍詳細

砂と人類
―― いかにして砂が文明を変容させたか
地球上で最も重要な個体は「砂」だった!砂なくしてはあり得なかった人類発展の歴史を紐解きながら、砂から見える人類の危機までを見つめる、瞠目の現代文明論。
ISBN 978-4-7942-2444-6
定価 2,640円(本体2,400円)
判型 四六判
頁数 400頁
初版刊行日 2020年03月04日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ヴィンス・バイザー
ジャーナリスト。『WIRED』、『ハーパーズ』、『アトランティック』、『マザー・ジョーンズ』、そして『ニューヨーク・タイムズ』をはじめとする雑誌や新聞に寄稿している。カリフォルニア大学バークレー校の出身で、現在ロサンゼルスで暮らしている。
藤崎百合
高知県生まれ。名古屋大学理学部物理学科卒業。同大学大学院人間情報学研究科にて博士課程単位取得退学。技術系企業や図書館での勤務を経て、技術文書や人道支援活動に関する資料の翻訳、字幕翻訳などに携わってきた。近年は、科学や映画に関する書籍の翻訳が中心となっている。訳書に『すごく科学的』、『ディープラーニング革命』、『生体分子の統計力学入門』(共訳)などがある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する