草思社

書籍詳細

【文庫】雨かんむり漢字読本
なぜ零はゼロなのか。「霽れる」が「晴れる」より古くからあったのはなぜかなど、漢字の成り立ちを「雨かんむりの漢字」を例に多彩なエピソードを通じて解き明かす。
ISBN 978-4-7942-2466-8
定価 880円(本体800円)
判型 文庫判
頁数 216頁
初版刊行日 2020年08月10日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
円満字二郎
1967年、兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で国語教科書や漢和辞典などの担当編集者として働く。2008年、退職してフリーに。著書に、『漢字ときあかし辞典』『部首ときあかし辞典』『漢字の使い分けときあかし辞典』(以上、研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『漢字の植物苑 花の名前をたずねてみれば』(岩波書店)などがある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する