草思社

書籍詳細

ミツバチと文明
―― 宗教、芸術から科学、政治まで 文化を形づくった偉大な昆虫の物語
キリスト教からシェイクスピア劇、ガウディの建築まで…その高度な社会性や巣作りの技術によって、人類のあらゆる文化に影響を与えたミツバチの偉大さに迫る!
ISBN 978-4-7942-2471-2
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 2020年09月25日
原書タイトル Bee
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
クレア・プレストン
ロンドン大学クイーン・メアリー校のルネサンス文学・英文学の教授。 著作に『Thomas Browne and the Writing of Early Modern Science 』や 『Edith Wharton's Social Register: Fictions and Contexts 』(いずれも未邦訳)などがある。
倉橋俊介
国際基督教大学教養学部人文科学科中退。訳書に『世界の山岳大百科』(共訳、山と渓谷社、2013 年)など。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する