草思社

書籍詳細

関ヶ原合戦全史
―― 1582-1615
秀吉の晩年から会津征伐、関ヶ原本戦、東北・九州の戦い、豊臣家滅亡までを、良質な一次史料と最新研究を用いて解明。今語りうる関ヶ原合戦史の全体像をつまびらかにする。
ISBN 978-4-7942-2493-4
定価 3,080円(本体2,800円)
判型 四六判
頁数 512頁
初版刊行日 2021年01月28日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
渡邊大門
1967年、神奈川県生まれ。歴史学者。関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と化の研究所代表取締役。著書に『光秀と信長 本能寺の変に黒幕はいたのか』、『奪われた「三種の神器」 皇位継承の中世史』(以上、草思社文庫)、『戦国大名の戦さ事情』(柏書房)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)、『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)など。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する