草思社

書籍詳細

【文庫】人生、しょせん運不運
独特のユーモアを湛えた戦争小説の著者が、肉親の死や儚い恋愛の記憶を辿り運命の不可解を思う。戦争体験が培った人生観が胸を打つ。解説:佐伯彰一、平山周吉
ISBN 978-4-7942-2498-9
定価 990円(本体900円)
判型 文庫判
頁数 208頁
初版刊行日 2021年02月08日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
古山高麗雄
1920年、朝鮮新義州生まれ。2002年没。旧制第三高等学校文科丙類中退。42年に召集され、東南アジア各地を転戦。47年復員。河出書房など出版社勤めを経て、雑誌「季刊藝術」の編集に従事。70年『プレオー8の夜明け』で芥川賞、94年『セミの追憶』で川端賞、2000年『断作戦』『龍陵会戦』『フーコン戦記』の戦争文学三部作で、菊池寛賞受賞。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する