草思社

書籍詳細

増補新版 フェリカの真実
―― 電子マネーからデジタル通貨へ
お金の形を変える「非接触ICカード=フェリカ」開発者の軌跡を描く。ただの電子マネーから「デジタル通貨」という新しい世界に向かう現在の姿までを追った新章を書き下ろした増補新版。
ISBN 978-4-7942-2507-8
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 280頁
初版刊行日 2021年03月12日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
立石泰則
ノンフィクション作家・ジャーナリスト。1950年福岡県北九州市生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。「週刊文春」記者等を経て、1988年に独立。92年に『覇者の誤算――日米コンピュータ戦争の40年』(日本経済新聞社)で第15回講談社ノンフィクション賞を受賞。2000年に『魔術師――三原脩と西鉄ライオンズ』(文藝春秋)で99年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。そのほかの著書に『マーケティングのSONY――市場を創り出すDNA』(岩波書店)『戦争体験と経営者』(岩波新書)、『さよなら! 僕らのソニー』『松下幸之助の憂鬱』(いずれも文春新書)、『「がんばらない」経営――不況下でも増収増益を続けるケーズデンキの秘密』『働くこと、生きること』(草思社)など多数。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する