草思社

書籍詳細

なぜ心はこんなに脆いのか
―― 不安や抑うつの進化心理学
不安や抑うつが、人間の進化の過程で淘汰されずに今も残っているのはなぜか。いやな気持ちを引き起こすメカニズムの存在理由を、進化論の視点から解き明かす。
ISBN 978-4-7942-2534-4
定価 3,300円(本体3,000円)
判型 四六判
頁数 528頁
初版刊行日 2021年09月23日
原書タイトル GOOD REASONS FOR BAD FEELINGS
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ランドルフ・M・ネシー
医学博士。アリゾナ州立大学進化医学センターの創設ディレクターであり、同大学生命科学部の基礎教授を務める。ミシガン大学の精神医学教授、心理学教授、研究教授を歴任。著作に『病気はなぜ、あるのか―進化医学による新しい理解』(新曜社)がある。
加藤智子
筑波大学第二学類比較文化学類卒。英国イースト・アングリア大学文芸翻訳修士課程、米国ミドルベリー国際大学院モントレー校翻訳・通訳修士課程を修了。現在は主に、書籍翻訳、映像翻訳等に携わる。訳書に『アメリカン・ハードコア』(メディア総合研究所)など。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する