草思社

書籍詳細

自分がおじいさんになるということ
74歳、いよいよ老後も佳境に突入。押しも押されもせぬ老人になった著者が、思いのほか愉しい「老いのリアルな日々」をつぶさに綴る。読めば老後が待ち遠しくなる。
ISBN 978-4-7942-2554-2
定価 1,540円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 232頁
初版刊行日 2021年12月23日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
勢古浩爾
1947年大分県生まれ。明治大学政治経済学部卒業。洋書輸入会社に34年間勤務ののち、2006年末に退職。市井の人間が生きていくなかで本当に意味のある言葉、心の芯に響く言葉を思考し、静かに表現しつづけている。1988年、第7回毎日21世紀賞受賞。著書に『定年後のリアル』シリーズ、『結論で読む幸福論』(いずれも草思社)、『最後の吉本隆明』(筑摩書房)、『ウソつきの国』(ミシマ社)、『定年バカ』(SBクリエイティブ)、『人生の正解』(幻冬舎)など多数。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する
電子書籍