草思社

書籍詳細

中銀カプセルタワービル 最後の記録
1972年の竣工から50年のときを経て解体される、日本屈指の名建築の最後の姿を記録する決定版。114カプセル、写真400以上に、実測図面と論考を収録。
ISBN 978-4-7942-2559-7
定価 3,850円(本体3,500円)
判型 A4判変型
頁数 204頁
初版刊行日 2022年03月01日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
代表・前田達之。1967年、東京生まれ。中銀カプセルタワービルの保存と再生を目的に、2014年にオーナーや住人とプロジェクトを結成。見学会の開催や取材・撮影等のサポートを行う。編著書に『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(2015年、青月社)『中銀カプセルスタイル 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー』(2020 年、草思社)などがある。 プロデューサー・菅井隆史。1992年、東京生まれ横浜育ち。オフィスの空間デザイナーとして勤務しながら、プロジェクトに参画。編著書に『黒川紀章のメタボリズム思想と中銀カプセルタワービルの現状』(2014年、日本建築学会学術講演会)『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(2015 年、青月社)がある。
この本へのご意見・ご感想

お詫びと訂正

本文中の実測調査図面に誤りがありました。正しくは下記の通りです。

p50-67、p127-145の実測図面
(誤)外寸幅2500ミリ、奥行4000ミリ
 ↓
(正)外寸幅2680ミリ、奥行4200ミリ

お詫びして訂正いたします。

(草思社・編集部)



この本を購入する