草思社

書籍詳細

連れ連れに文学を語る
―― 古井由吉対談集成
グラスを片手にパイプを燻らせ、文学そして世界の実相を語る。八〇年代から晩年までの単行本未収録インタヴュー、対談録を精撰。楽しくて滋味豊かな文学談義十二篇。
ISBN 978-4-7942-2568-9
定価 2,420円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 352頁
初版刊行日 2022年02月25日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
古井由吉
1937年、東京生まれ。68年処女作「木曜日に」発表。71年「杳子」で芥川賞、80年『栖』で日本文学大賞、83年『槿』で谷崎潤一郎賞、87年「中山坂」で川端康成文学賞、90年『仮往生伝試文』で読売文学賞、97年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞。2012年『古井由吉自撰作品』(全8巻)を刊行。ほかに『われもまた天に』『書く、読む、生きる』『こんな日もある 競馬徒然草』など著書多数。2020年2月死去。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する
電子書籍