草思社

書籍詳細

ギリヤーク尼ヶ崎という生き方
―― 91歳の大道芸人
「投げ銭」に支えられて半世紀――。万策尽きて38歳で路上に立ってから今日まで、唯一無二の存在感で観衆を魅了する「伝説の大道芸人」のひたむきな軌跡を辿る。
ISBN 978-4-7942-2571-9
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 2022年03月22日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
後藤 豪
1981年東京都生まれ。2005年毎日新聞社入社。青森支局、大阪社会部、東京社会部などを経て、18年10月から東京経済部。生損保や証券、IT業界などを担当し、菅義偉政権(20年9月〜21年10月)の時は、デジタル庁創設への動きを追った。今回が初の単著となる。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する