草思社

書籍詳細

センスハック
―― 生産性をあげる究極の多感覚メソッド
様々な感覚を組み合わせ、最適な感覚刺激環境を作ることで、人生の生産性は劇的に向上する!オックスフォードの心理学者による、画期的な「感覚改革」の指南書。
ISBN 978-4-7942-2573-3
定価 2,750円(本体2,500円)
判型 四六判
頁数 448頁
初版刊行日 2022年04月07日
原書タイトル Sensehacking
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
チャールズ・スペンス
オックスフォード大学教授。専門は実験心理学。トヨタ、ユニリーバ、ペプシコ、ネスレなど多くの多国籍企業で、多感覚デザイン、パッケージ、ブランディングなどのコンサルティング経験がある。著書に『「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実』(KADOKAWA)がある。
坂口佳世子
筑波大学大学院博士課程単位取得退学。宮崎大学名誉教授。アメリカ文化論、現代アメリカ文学専攻。著書『〈法〉と〈生〉から見るアメリカ文学』(共著、悠書館、2017年)、『グローバル化の中のポストコロニアリズム』(共著、風間書房、2013年)、『ソール・ベロー研究――ベローの文学とアメリカ社会』(単著、成美堂、2003年)他。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する