草思社

書籍詳細

アメリカの夜
―― ある映画の物語2
“映画づくりを描いた映画”『アメリカの夜』はトリュフォーの映画による映画論である。多くの写真とシナリオでその魅力を再現する。読んで楽しいシネ・ロマン。
ISBN 978-4-7942-0329-8
定価 1,656円(本体1,505円)
判型 四六判
頁数 304頁
初版刊行日 1988年10月17日
原書タイトル LA NUIT AMERICAINE SUIVI DE JOURNAL DE TOURNAGE DE FAHRENHEIT 451
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
フランソワ・トリュフォー
1932年、パリに生まれる。1984年、ガンのため死去。映画評論家を経て映画監督に。映画作品に『大人は判ってくれない』『突然炎のごとく』『恋のエチュード』『終電車』『隣の女』『日曜日が待ち遠しい!』など。著作に『映画術 ヒッチコック/トリュフォー』『子供たちの時間』『ある映画の物語』など。
山田宏一
映画評論家。1938年ジャカルタ生まれ。東京外語大学フランス語科卒業。1964〜67年パリ在住。その間「カイエ・デュ・シネマ」誌同人。著書に、『映画とは何か 山田宏一映画インタビュー集』(1)、『キン・フー武侠電影作法』(宇田川幸洋と共著)『何が映画を走らせるのか?』(キネマ旬報映画本大賞2005第1位)、『ヒッチコックに進路を取れ』(和田誠と共著)、『映画はこうしてつくられる 山田宏一映画インタビュー集』(2)、訳書に『明かりが消えて映画がはじまる ポーリン・ケイル映画評論集』、スーザン・ストラスバーグ『マリリン・モンローとともに』(以上すべて草思社)などがある。
この本へのご意見・ご感想