草思社

書籍詳細

誰にも書けなかった戦争の現実
戦場での誤射・誤爆、兵隊内部のいじめ、銃後の欠乏など歴史書が伝えてこなかった第二次大戦の真実の姿を描く。それはもはや悲惨を通り越して滑稽ですらあった。
ISBN 978-4-7942-0766-1
定価 3,190円(本体2,900円)
判型 四六判
頁数 488頁
初版刊行日 1997年07月25日
原書タイトル WARTIME
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ポール・ファッセル
宮崎尊
上智大学外国語学部英語学科卒。法政大学講師、東進ハイスクール講師。J・ストークス『ビートルズの時代』、P・ファッセル『誰にも書けなかった戦争の真実』(いずれも草思社)など訳書の他、東大英語総講義 (東進ブックス)、『静かさとは何か 文化騒音から日本を読む』(共著、第三書館)などの著書がある。
この本へのご意見・ご感想