草思社

書籍詳細

子どもは親が教育しろ!
学校任せはもう古い! 公教育を縮小し時代にあった教育メニューを充実させれば、いじめも不登校も解消する。学校に頼らず親が責任をもてと説く、これからの教育論。
ISBN 978-4-7942-0768-5
定価 1,650円(本体1,500円)
判型 四六判
頁数 216頁
初版刊行日 1997年07月16日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
小浜逸郎
1947年横浜生まれ。横浜国立大学工学部卒業。批評家。国士舘大学客員教授。おもな著書に『学校の現象学のために』(大和書房)、『男はどこにいるのか』『方法としての子ども』(ともにちくま文庫)、『オウムと全共闘』(草思社)、『なぜ人を殺してはいけないのか』『頭はよくならない』(ともに洋泉社・新書y)、『大人への条件』『正しい大人化計画』(ともにちくま新書)、『「弱者」とはだれか』『男という不安』(ともにPHP新書)などがある。
この本へのご意見・ご感想