草思社

書籍詳細

キン・フー武侠電影作法
キン・フー その他 /山田宏一 その他 /宇田川幸洋 その他
『侠女』『竜門客桟』などの痛快時代劇で香港・台湾映画界に大きな足跡を残した胡金銓(キン・フー)監督に生い立ちから映画作法までを徹底インタビューした本。
ISBN 978-4-7942-0770-8
定価 4,290円(本体3,900円)
判型 A5判
頁数 392頁
初版刊行日 1997年09月05日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
キン・フー
一九三二年、北京の裕福な家庭に生まれる。一九四九年、香港へ亡命。美術助手、俳優などを経て、一九六五年、ショウ・ブラザースの『大地児女』で監督第一作を撮る。『龍門客桟』(『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』)『侠女』(カンヌ映画祭・高等映画技術委員会大賞)など生涯に長短篇一三作品を香港・台湾で監督。ハリウッド進出の直前、一九九七年急逝。
山田宏一
映画評論家。1938年、ジャカルタ生まれ。東京外国語大学フランス語科卒業。1964年~1967年、パリ在住。その間「カイエ・デュ・シネマ」誌同人。著書に『[増補]友よ映画よ、わがヌーヴェル・ヴァーグ誌』『〔増補]トリュフォー、ある映画的人生』『ゴダール、わがアンナ・カリーナ時代』『ハワード・ホークス映画読本』『ヒッチコック映画読本』『映画とは何か』『何が映画を走らせるのか?』『森一生 映画旅』(山根貞男と共著)『キン・フー武侠電影作法』(宇田川幸洋と共著)『ヒッチコックに進路を取れ』(和田誠と共著)『ジャック・ドゥミ&ミシェル・ルグラン シネマ・アンシャンテ』(濱田高志と共著)など。訳書に『〔定本〕映画術 ヒッチコック/トリュフォー』(蓮實重彦と共訳)など。1987年、フランスより芸術文化勲章シュバリエ受勲。1991年、第1回Bunkamuraドゥマゴ文学賞(『トリュフォー、ある映画的人生』に対して)。2007年、第5回文化庁映画賞(映画功労表彰部門)。2017年、第35回川喜多賞受賞。
宇田川幸洋
中国伝奇アクション映画の名監督の唯一の聞き書き本。『龍門客桟』『侠女』などの快作を連発し、現代の中国圏の監督に多大な影響を与えた氏の痛快・波乱万丈の映画人生。
この本へのご意見・ご感想
※侠=にんべんに夾