www.soshisha.com
本を探す
食品汚染がヒトを襲う
―― O157からスーパーサルモネラまで
危険なのはO157だけではない。高度な食品生産の過程に次々と新興病原体が忍び込んでいるのだ。食品汚染の現状と原因を探り、食品業界の闇を暴く衝撃のレポート。
ISBN 978-4-7942-0841-5
定価 2,052円(本体1,900円)
判型 四六判
頁数 384頁
初版刊行日 1998年09月01日
原書タイトル SPOILED
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ニコルズ・フォックス
「エコノミスト」「ニューヨークタイムズ」「ワシントンポスト」など各紙に記事を寄稿するアメリカ人ジャーナリスト。
高橋健次
1937年生まれ。慶應義塾大学英文科卒。出版社勤務を経て翻訳者。おもな訳書に、ウォーレス『人口ピラミッドがひっくり返るとき』、ブロックマン『2000年間で最大の発明は何か』(以上、草思社)、ケニーリー『誘拐指令』(講談社文庫)などがある。
 この本へのご意見・ご感想