草思社

書籍詳細

ショルティ自伝
オペラに管弦楽に比類ない輝きにみちた演奏を残した名指揮者の回想。バルトーク、トスカニーニらとの交流を通して会得した音楽の真髄について能弁に語りかける。
ISBN 978-4-7942-0853-8
定価 3,190円(本体2,900円)
判型 四六判
頁数 304頁
初版刊行日 1998年11月05日
原書タイトル MEMOIRS
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ゲオルグ・ショルティ
木村博江
1941年生まれ。国際基督教大学卒業。翻訳家。訳書に『なぜ美人ばかりが得をするのか』『女の子はいつも秘密語でしゃべってる』など多数。
この本へのご意見・ご感想