草思社

書籍詳細

貸本屋のぼくはマンガに夢中だった
昭和30年代、東京で貸本屋をいとなむ一家の息子として育った著者のマンガ三昧の少年時代。貸本屋業の裏話や貸本マンガ黄金時代の面白いマンガ群の読書体験記。
ISBN 978-4-7942-0874-3
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 248頁
初版刊行日 1999年04月30日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
長谷川裕
1950年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部。出版社勤務を経て著述業に。得意の分野は漫画、俳句、乗り物関係(クルマ、鉄道)。著書に『怪しい駅 懐かしい駅: 東京近郊駅前旅行』(村上健・絵)、『五反田駅はなぜあんなに高いところにあるのか:東京周辺 鉄道おもしろ案内』(穂積和夫、村上健・絵、いずれも草思社)、句集『彼等』(西田書店)などがある。
この本へのご意見・ご感想