草思社

書籍詳細

危ない飛行機が今日も飛んでいる(上)
米運輸省の元監察総監が安全性をなおざりにしている航空界の内幕を暴いた衝撃の書。利用者は何を選択し、何を避けるべきか。貴重な助言に満ちた利用者必読の書。
ISBN 978-4-7942-0890-3
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 220頁
初版刊行日 1999年06月10日
原書タイトル FLYING BLIND, FLYING SAFE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
メアリー・スキアヴォ
杉浦一機
航空アナリスト。首都大学東京客員教授。航空輸送、サービス、航空会社の経営モデルなどに詳しく、利用者の立場に立った評論がモットー。参議院運輸委員会調査室客員調査員、東京都の航空・空港関連委員会委員などを歴任。著書に『JAL再建の行方』『便利で快適な飛行機に乗りたい』(草思社)『B787に懸けるANAの野望』『「100空港時代」を生き残れ』『航空運賃のカラクリ』(中央書院)、『生まれ変わる首都圏の空港』(交通新聞社)、『ものがたり日本の航空技術』(平凡社新書)など多数。
杉谷浩子
この本へのご意見・ご感想