草思社

書籍詳細

哲学教授を辞めて探偵になった男(上)
終身教授の座を捨て、探偵稼業にのめり込んだ著者の体験を綴った手記。浮気調査から殺人事件まで、現実の事件ならではのディテールに哲学者の視線が向けられる。
ISBN 978-4-7942-0893-4
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 248頁
初版刊行日 1999年06月04日
原書タイトル GUMSHOE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ジョサイア・トンプソン
吉田利子
翻訳者。訳書に『思春期病棟の少女たち』(草思社)、『なぜ意志の力はあてにならないのか』(NTT出版)、『不死というあなたの現実』(河出書房新社)、『人生の扉をひらく「万能の鍵」』(サンマーク出版)、『なんか変! ひょっとしてあなたは発達障害?』(飛鳥新社)ほか。
この本へのご意見・ご感想