草思社

書籍詳細

フェミニズムの害毒
「女性の味方」であるはずのフェミニズムは、今や働く女性のためだけのものになってしまっている。母性や家族の価値を否定するその考え方に徹底的な批評を加える。
ISBN 978-4-7942-0906-1
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 272頁
初版刊行日 1999年08月30日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
林道義
1937年、長野県生まれ。東京女子大学文理学部教授。日本ユング研究会会長。著書に『家族の復権』『父性の復権』(ともに中公新書)、『父親のための家庭教育のヒント』(日本教文社)などがある。
この本へのご意見・ご感想