草思社

書籍詳細

13 裏切り者の細胞 がんの正体
犯人は遺伝子の異常だった!遺伝子を手がかりに、がんを追いつめる研究者たち。がん抑制遺伝子や発がんを防ぐたんぱく質の発見、そして新治療の可能性まで示す。
ISBN 978-4-7942-0923-8
定価 1,870円(本体1,700円)
判型 四六判変型
頁数 248頁
初版刊行日 1999年10月25日
原書タイトル ONE RENEGADE CELL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ロバート・ワインバーグ
中村桂子
1936年東京都生まれ。JT生命誌研究館館長。理学博士。東京大学理学部化学科卒。三菱化成生命科学研究所人間・自然研究部長、早稲田大学人間科学部教授、大阪大学連携大学院教授を歴任。生命誌の提唱者である。著書に『ゲノムが語る生命』(集英社新書)『生命誌の窓から』(小学館)『自己創出する生命』(哲学書房)他多数。
この本へのご意見・ご感想