草思社

書籍詳細

人はなぜ悪をなすのか
遺伝か、脳の欠陥か、愛情不足か、精神の病か、それとも宿命なのか──?英国のジャーナリストが深い考察で人間の本性にひそむ永遠の謎に挑んだ力作!
ISBN 978-4-7942-0952-8
定価 2,750円(本体2,500円)
判型 四六判
頁数 384頁
初版刊行日 2000年03月30日
原書タイトル THE EVIL THAT MEN DO
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ブライアン・マスターズ
森英明
翻訳家。おもな訳書にブライアン・マスターズ『人はなぜ悪をなすのか』、チャールズ・V・フォード『うそつき―うそと自己欺まんの心理学』(以上、草思社)、M・スコット・ペック『窓ぎわのベッド―いやしの心理小説』(世界文化社)、ポール・オリバー『世界の宗教を読む事典』(講談社)など。
この本へのご意見・ご感想