草思社

書籍詳細

学ばず教えずの大学はもういらない
崩壊寸前の日本の大学。その再生は可能か。それとも自滅するしかないのか。東大、早慶を中心に、大学の惨憺たる現実を描き、改革不能の内実を明らかにする。
ISBN 978-4-7942-0956-6
定価 1,870円(本体1,700円)
判型 四六判
頁数 218頁
初版刊行日 2000年03月30日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大宮知信
1948年、茨城県生まれ。フリーランスのジャーナリストとして新聞、月刊誌等に寄稿。教育、文化、政治、社会問題と、扱うテーマは幅広い。主な著書に『デカセーギ──逆流する日系ブラジル人』『学ばず教えずの大学はもういらない』『お騒がせ贋作事件簿──だます人だまされる人』(以上、草思社刊)などがある。
この本へのご意見・ご感想