草思社

書籍詳細

月曜日はいつもブルー(下)
高校は退学、仕事はクビ。母さんはぼくをイカレてるという──。自分の居場所を求め、性の世界へと堕ちてゆく青年の孤独を描く、オランダのベストセラー青春小説。
ISBN 978-4-7942-0962-7
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 216頁
初版刊行日 2000年04月25日
原書タイトル BLAUWE MAANDAGEN (BLUE MONDAYS)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
アルノン・フルンベルク
1971年アムステルダム生まれ。17歳で高校を退学させられた後は職を転々とする。その間に数々の戯曲を書き、1994年、23歳の時に出版された処女作(本書)が発売と同時にベストセラーになり、九カ国で翻訳、出版された。ヨーロッパで最も優れた現代作家のひとりである。
村松潔
この本へのご意見・ご感想
この世界は娼婦と、娼婦を買う男たちと、自分以外の女はみんな娼婦呼ばわりする女たちで成り立っている。ぼくの知っている人たちはみんな開けても暮れてもひとかけらの愛を乞いもとめ、それを互いに投げ与えあっている。ぼくはそういう人たちのあいだを駆り立てられるように渡り歩き、最後にたどり着いたのが娼婦の腕の中だった……。
-*-
家にも学校にも職場にも、どこにも居場所はない。孤独の果てに、「ぼく」は借金に借金を重ね、娼婦の館へと堕ちてゆく。
フィリップ・ロス『サヨウナラ、コロンバス』サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』の再来と評された、ヨーロッパ文学界期待の新進作家の処女作。