草思社

書籍詳細

みなしごゴリラの学校
密猟で親を殺されたみなしごゴリラの孤児院で、院長として親代わりをつとめた女性サル学者が、野生へ旅立つ子ゴリラたちとの心の交流をつづる、痛快ゴリラエッセイ。
ISBN 978-4-7942-0971-9
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2000年05月30日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
岡安直比
1960年、東京生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。屋久島でニホンザル研究、88年と91年にはザイール共和国(現・コンゴ民主共和国)でピグミーチンパンジー研究を手がける。92年からはコンゴ共和国で、ゴリラの孤児を森に帰すプロジェクトに参加。97年に内線が勃発し、娘とともにパリに脱出。現在はWWFジャパン自然保護室長。著書に『子育てはゴリラの森で』(小学館)、『みなしごゴリラの学校』『サルに学ぼう、自然な子育て』(草思社)。
この本へのご意見・ご感想