草思社

書籍詳細

教室から消えた「物を見る目」、「歴史を見る目」
学校は個性尊重を言う前にまず古典教育を徹底せよ! 福岡県で名物国語教師として知られている著者が、軽視され続ける日本の伝統文化の復権を説く骨太の教育論。
ISBN 978-4-7942-0976-4
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 232頁
初版刊行日 2000年06月01日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
小柳陽太郎
大正12年(1923)生まれ。旧制佐賀高等学校を経て、東京帝国大学に入学。学徒出陣。戦後、九州帝国大学に転学、卒業。福岡県立修猷館高校で長期にわたり教鞭をとる。元九州造形短期大学教授。現在、国民文化研究会副会長。著書に『戦後教育の中で』(国文研叢書)『教室から消えた「物を見る目」、「歴史を見る目」』(草思社)、編著に『歴代天皇の御歌』(日本教文社)『平成の大みうたを仰ぐ』(展転社)などがある。
この本へのご意見・ご感想