草思社

書籍詳細

ミーム・マシーンとしての私(上)
文化とは、人間とはなにか。模倣によって伝わる文化の遺伝子〈ミーム〉、この概念がまったく新しい答えを導く。強力な論証で人間観の変革を迫る、革命的文明論!
ISBN 978-4-7942-0985-6
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 2000年07月18日
原書タイトル THE MEME MACHINE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
スーザン・ブラックモア
心理学者、生理学者。ウエスト・イングランド大学準教授などを経て、現在フリーランスの著述家。臨死体験や瞑想の心理学的、生理学的研究、進化心理学、ミーム学を中心に活動。新聞や雑誌などにコラムを寄稿しており、テレビやラジオへの出演も多い。邦訳されている著書に『生と死の境界』(読売新聞社)などがある。
垂水雄二
1942年大阪生まれ。科学ジャーナリスト。著書に『やぶにらみ生物学』(エーコン)ほか。訳書にフォーティ『三葉虫の謎』(早川書房)、ハンフリー『喪失と獲得』(紀伊國屋書店)ほか。
この本へのご意見・ご感想