www.soshisha.com

いきなり上手くなる! プロのデジカメ写真術
写真と文 齋藤清貴
本体:1600円
ISBN:4-7942-1500-2

あ、こうすれば良かったんだ! 知ると知らないでは大違い。
みんなが聞きたかった、人気カメラマンのアドバイス
ヒット写真集を数多く手がけた人気カメラマンが伝授する、目からウロコのデジカメ写真術。むずかしい理屈や技法は抜き。ちょっとした工夫と視点があれば、平凡だったあなたの写真がステキな作品に早変わりします。プロ顔負けの写真が撮れるのも夢ではありません!

本書はこんな人たちにオススメです!

「自分は写真が下手だ」と思っている
面白い写真がなかなか撮れない
シャッターチャンスを逃してしまう
プロのようなかっこいい写真が撮りたい
毎日が楽しくなるような趣味がほしい


いいカットは足でかせぐもの
写真を撮る時にただ単に被写体の前に立って「はい、パチリ」としていませんか?
いつも同じような目線や位置から撮っていても面白い写真は生まれません。被写体のまわりをぐるっと回ったり、近付いたり、遠のいたり……いい写真を撮るには1にも2にもフットワークです。

さらに詳しく知りたい方は、本書『第1章 基本は軽いフットワーク』で。

他の作例も見る

面白い写真がなかなか撮れない
面白い被写体は日常生活の中にあふれています
決定的瞬間や映画のようなワンシーン……そんなものだけを面白い写真だと思っていませんか? 残念ながらそんな「特別」な瞬間はそうそう訪れてくれません。でも少しだけ視点を変えてみると、日常にはあなたにとっての『特別なもの』があふれていることに気づくはずです。すべてを現像に出す必要のないデジカメだから何を撮っても自由。面白い!と思ったら気持ちのおもむくがままに撮ればいいのです。

さらに詳しく知りたい方は、本書『第2章 撮る前にまずアイストレッチ』で。

他の作例も見る




シャッターチャンスを逃してしまう
動いている被写体は「動きを読んで」撮るもの
動きのある被写体はやみくもに撮っても意味がありません。特にシャッターを押してからタイムラグが多少生じるデジカメでは、なおさら難しいものです。動きのある被写体を撮るにはじっくりと観察し、ある程度動きを読んだ上でシャッターを押す事が大切。デジカメはフィルムと違い、失敗しても何度も繰り返し撮ることができます。その場ですぐに確認もできますから、コツもつかみやすいはずです。

さらに詳しく知りたい方は、本書『第3章 相手の動きのクセを見つける』で。

他の作例も見る

プロのようなかっこいい写真が撮りたい
ありのままを写すだけが写真じゃない
写真に正しい撮り方というのはありません。
また、ありのまま、見たままを写すだけが写真ではないのです。
プロの写真がなぜ素晴らしいのか? それは、被写体をより面白く、ドラマチックに見せる方法を熟知しているからです。実はそんなプロの技の一部は、デジカメのズームやマクロ機能、ホワイトバランスを駆使することで再現可能です。

さらに詳しく知りたい方は、本書『第4章 あなた好みの色に染めましょう』『第5章 プロの演出を盗む』で。

他の作例も見る

毎日が楽しくなるような趣味がほしい
カバンへデジカメを忍ばせて、「散歩写真」へトライ!
街は宝箱をひっくり返したように、美しいものや楽しいものであふれかえっています。そんな「宝物」を探すべく、自由に気持ちのおもむくがままに街を撮り歩くのが「散歩写真」です。スタイルも自由。ゆっくりと散歩しながらでも、通学や通勤の合間のほんの1分でもいいのです。「何かに出会えるかもしれない」というワクワクが日々の生活に彩りを与えてくれます。

さらに詳しく知りたい方は、本書『第6章 散歩写真のススメ』で。

他の作例も見る

齋藤清貴
写真家。東京生まれ。広告、雑誌、CDジャケット、写真集などの撮影で幅広く活躍するかたわら、キヤノンフォトサークル講師としても活動中。映画『恋愛冩眞』(2003年/松竹)では、ニューヨークで6万枚以上の写真を撮影。風景や人物の瞬間の表情を切り取る感性には定評がある。
齋藤清貴オフィシャルウェブサイト