草思社

書籍詳細

爆弾的英語教育改革論
大学まで勉強しても日本人の英語はなぜ役に立たないのか。英国の大学で教鞭をとる著者が両国の教育を比較しつつ英語教育の抜本的改革案を示す。教育界への警鐘。
ISBN 978-4-7942-0651-0
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 248頁
初版刊行日 1995年09月25日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
マークス寿子
一九三六年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。都立大学大学院博士課程修了。一九七一年ロンドン大学LSE研究員として渡英。一九七六年マイケル・マークス男爵(Lord Marks)と結婚。英国籍と男爵夫人の称号を得る。一九八五年離婚。エセックス大学現代日本研究所講師を経て、現在秀明大学教授として日英間を行き来している。主な著書に『自信のない女がブランド物を持ち歩く』『ふにゃふにゃになった日本人』『爆弾的英語教育改革論』(いずれも草思社)、『本当の英語力をつける本』(PHP研究所)などがある。
この本へのご意見・ご感想