草思社

書籍詳細

日本人はなぜいつも「申し訳ない」と思うのか
日本は恥の文化ではなく、罪の文化であることを立証する知的刺激に満ちた文化論。日本の民話と欧米の民話の比較をもとに、日本人の自責の念の強さをあぶり出す。
ISBN 978-4-7942-1266-5
定価 1,728円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 264頁
初版刊行日 2003年11月27日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
長野晃子
東洋大学名誉教授。民俗学者。著書に『日本人はなぜいつも「申し訳ない」と思うのか』(草思社)、『民俗のかたちとこころ』(共著・岩田書院)などがある。
この本へのご意見・ご感想