www.soshisha.com
本を探す
男の子の脳、女の子の脳
―― こんなにちがう見え方、聞こえ方、学び方
女の子の目は質感を捉え、男の子の目は動きを捉える……性差は実は大人より子どものほうが大きく、男の子がやる気をだす教え方と女の子が興味をもつ教え方は全くちがう。共学校は男女双方にとって損だと説く衝撃の書。
立ち読みページへ
ISBN 978-4-7942-1495-9
定価 1,404円(本体1,300円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 2006年05月26日
原書タイトル WHY GENDER MATTERS
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
レナード・サックス
内科医、心理学者。数々の権威ある雑誌に学術論文を発表。全米別学公教育協会(National Association for Single-Sex Public Education)を創設。各紙誌、テレビなど主要なメディアで活躍し、子どもたちの学習において、男女の性別によるちがいを尊重することがいかに重要かを説いている。
谷川漣
1959年生まれ。東京大学文学部卒。翻訳家。訳書にレナード・サックス『男の子の脳、女の子の脳』(草思社)、ジョーダン・グッドマン『ダチョウはなぜ金儲けが苦手なのか?』(文藝春秋)がある。
 この本へのご意見・ご感想