草思社

書籍詳細

なぜ少女ばかりねらったのか
「あの子を殺したのは、傷つけたくなかったからだ」──30年で数百人の子供を性的に虐待した男との対話を通し、性犯罪の本質に迫る。子供たちを守るために必読の書。
ISBN 978-4-7942-0882-8
定価 2,750円(本体2,500円)
判型 四六判
頁数 368頁
初版刊行日 1999年04月20日
原書タイトル THE MURDER OF CHILDHOOD
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
レイ・ワイア
ティム・テイト
栗原百代
1962年生まれ。翻訳家。主な訳書に『恋愛のルールなんて、みんなまちがい』『リベラルたちの背信』(以上、草思社)、『闇へ降りる』(小学館)、『さわるな、危険!』(新潮社)、『愛と背徳の香り』(扶桑社)などがある。
この本へのご意見・ご感想