www.soshisha.com
本を探す
トマトが野菜になった日
―― 毒草から世界一の野菜へ
毒草、催淫植物など、様々な誤解を経て人気の野菜となったトマト。古文書や現地取材をもとに、トマトの世界制覇の軌跡を、豊富なエピソードと写真を交えて描く。
ISBN 978-4-7942-0938-2
定価 1,620円(本体1,500円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 1999年12月25日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
橘みのり
東京女子大学文理学部卒。広告制作会社入社以来、薬剤メーカー、食品メーカーなどの広報の仕事に携わるうち、野菜や果物の魅力に関心を抱く。栄養機能性から食文化史の側面まで、国内外で幅広く取材を行っている。著書「トマトが野菜になった日」(草思社)
 この本へのご意見・ご感想