草思社

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

2020年12月23日発売

買うべきクルマも、クルマの今も、すべてわかる! 2021年版間違いだらけのクルマ選び 島下泰久著 四六判並製/256頁/定価1650円(税込)2020年12月23日発売買うべきクルマも、クルマの今も、すべてわかる! 2021年版間違いだらけのクルマ選び 島下泰久著 四六判並製/256頁/定価1650円(税込)2020年12月23日発売

激変期のクルマ界は、コロナ禍でも止まれない。新型車が大量デビュー!

 2019年12月中旬から2020年11月の国産各社の新登場車やフルモデルチェンジ(FMC)は、プロトタイプ発表も含め合計21と、コロナ禍にもかかわらず大変なニューカー・ラッシュとなりました。さらにマイナーチェンジ(MC)や車種追加は62にもおよび(いずれも編集部調べ)、つまり国産車の状況はこの1年で完全に変わったと言えます。とくに、「コンパクトカー」「SUV」「スポーツカー」「EV・PHEV・FCV」のセグメントには新型車やMCが集中し、「総入れ替え」に近い状態。昨年のクルマ選び知識はまったく通用しないのです。

 例年同様、『2021年版』もこの新登場車、FMC、MC、車種追加のほぼすべてを、第一級のモータージャーナリストである著者が1人の目で網羅。車種別に徹底的に批評し、さらにセグメントごとの動向解説やライバル比較も行うことで、クルマ選びのガイドとしてはもちろん、クルマビジネスの理解にもマストな1冊となりました。また今期からは著者Youtubeチャンネルと連動、記事内のQRコードから試乗動画が閲覧できるようになっています。進化した『間違いだらけ』を、ぜひお楽しみください!

2021年版特集

第1特集:百花繚乱! コンパクトSUV

ヤリスクロスvsキックスvsフィットクロスター、ハスラーvsタフト、外国車小型SUV一挙紹介など

第2特集:レクサス、“愚直”なプレミアム

佐藤プレジデント独占インタビュー、LS/LC/UX300e批評、レクサスのビジネス分析

2021年版の指摘

  • ◎なんと日本はスポーツカー爛熟期に突入した!
  • ◎ホンダF1撤退。その説明に誰が納得できるのか
  • ◎今のクルマは30年後には楽しめないかもしれない
  • ◎SUVは今、最もクルマ選びが面白いジャンルだ
  • ◎クルマ好き社長の就任で日産に希望が見えてきた

2021年版の論評より

レヴォーグ
今期一番の衝撃。大幅なレベルアップだ
LS
「LSが帰ってきた!」と感じる明確な改善
VW Tロック
期待していたのに、乗ってガッカリだった
ノート
覇権握る力備えた瞠目の1台、衝撃の登場
ホンダe
度肝抜く新しさ。乗って、見て、走って楽しい
キックス
走りに独自の魅力。だが価格面では不利
プジョーSUV2008
外国車SUVのなかでも筆頭の注目車
GRヤリス
めったに出ない本物。トヨタの英断に拍手
メルセデスベンツGLA/GLB
走りの快適性・実用性・満足度高い。価格も高い
GRスープラ
自分のスープラがイヤになるほど改良版は◎
ランドローバー・ディフェンダー
70余年ぶりの刷新。文句なしの傑作だ!

著者略歴
島下泰久(しました・やすひさ)

1972年神奈川県生まれ。立教大学法学部卒。国際派モータージャーナリストとして自動車、経済、ファッションなど幅広いメディアへ寄稿するほか、講演やイベント出演なども行なう。2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『間違いだらけのクルマ選び』を2011年から徳大寺有恒氏とともに、そして2016年版からは単独で執筆する。YouTubeチャンネル「RIDE NOW -Smart Mobility Review-」の主宰など更に活動範囲を広げている。

島下泰久氏

1972年神奈川県生まれ。立教大学法学部卒。国際派モータージャーナリストとして専門誌やweb、男性誌などへ寄稿するほか、ラジオ、テレビ番組への出演、講演など様々な舞台で活動する。2020-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『間違いだらけのクルマ選び』を2011年の復活から徳大寺有恒氏とともに、そして2016年版からは単独で執筆する。2020年には新たにYouTubeチャンネル「RIDE NOW -Smart Mobility Review-」を立ち上げた。

徳大寺有恒さんの名著『ぼくの日本自動車史』が文庫化、草思社文庫より刊行されました。
こちらもごらんください! →『【文庫】ぼくの日本自動車史』

『間違いだらけ』公式twitterはじめました。
@machigaidarake