草思社

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

2021年12月24日発売

激動のクルマ界と、おすすめのクルマ、両方わかる 2022年版間違いだらけのクルマ選び 島下泰久著 四六判並製/256頁/定価1650円(税込)2021年12月24日発売激動のクルマ界と、おすすめのクルマ、両方わかる 2022年版間違いだらけのクルマ選び 島下泰久著 四六判並製/256頁/定価1650円(税込)2021年12月24日発売

揺れに揺れた2021年のクルマ界。ニューカーも大量にデビューし、話題満載。

 半導体をはじめとした部品不足、「EVシフト」を促す政治からの圧力の急上昇など、2021年のクルマ界は大きく揺れ、メーカー各社は対応を迫られました。クルマはこの先どうなるのか、将来がさらに見えづらくなった1年といえるでしょう。一方で、今年のニューカーは大豊作。とくにスポーツカーとSUVに魅力的なモデルが大量にデビューしました。いろいろあって大変だった業界動向と、良いクルマがたくさん出て難しくなったクルマ選び。その両方がわかる定番ガイドが今年も発売。例年にも増して、マストな1冊です!

2022年版特集

◎第1特集:ホンダはどうなるのか?

脱エンジン宣言、多数の車種の終了…。一連の決定は英断か? 迷走か?

◎第2特集:スポーツカー大国ニッポン

ZにWRX、GR86/BRZも。気づけば、よりどりみどり。こんな国、ほかに無い!

◎第3特集:やっぱりVWゴルフ

EVシフトの逆風のなか、登場した史上最高のゴルフ。「今こそ」の1台を徹底批評。

2022年版の指摘

  • 「EVにすれば問題解決」は考えが甘い!
  • ・2022年から始まるマツダの再攻勢に注目
  • EV充電の面倒は、解消どころか悪化する?
  • 課題山積のホンダ。今こそトップの声が必要
  • 「脱炭素」でもスポーツカーは無くならない

2022年版の論評より

VWゴルフ
またも半歩先行く存在に。脱帽…
ソリオ
ライバルに惑わされ美点喪失。ガッカリ
ヴェゼル
広さ・乗り心地・走り・先進装備。どれも◎
bZ4X/ソルテラ
「EV遅れてる」論を一蹴か。相当な意欲作
ノート・オーラ
新しさも走りも◎。ただ価格戦略が…
WRX S4
先代との差は歴然。格段に楽しめるクルマに
GR86/BRZ
理想的な進化遂げた。味付けの違いも楽しい
カローラクロス
ライバルが太刀打ちしがたい出来と価格
NX
新機軸満載、渾身の新型。レクサスの新章開く
シビック
原点回帰の良さ◎。HEVやタイプRにも期待
アウトランダーPHEV
持てる力を結集した新型。価格も意欲的

著者略歴
島下泰久(しました・やすひさ)

1972年神奈川県生まれ。立教大学法学部卒。国際派モータージャーナリストとして自動車、経済、ファッションなど幅広いメディアへ寄稿するほか、講演やイベント出演なども行なう。2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『間違いだらけのクルマ選び』を2011年から徳大寺有恒氏とともに、そして2016年版からは単独で執筆する。YouTubeチャンネル「RIDE NOW -Smart Mobility Review-」の主宰など更に活動範囲を広げている。

島下泰久氏

1972年神奈川県生まれ。立教大学法学部卒。国際派モータージャーナリストとして専門誌やweb、男性誌などへ寄稿するほか、ラジオ、テレビ番組への出演、講演など様々な舞台で活動する。2020-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『間違いだらけのクルマ選び』を2011年の復活から徳大寺有恒氏とともに、そして2016年版からは単独で執筆する。2020年には新たにYouTubeチャンネル「RIDE NOW -Smart Mobility Review-」を立ち上げた。

徳大寺有恒さんの名著『ぼくの日本自動車史』が文庫化、草思社文庫より刊行されました。
こちらもごらんください! →『【文庫】ぼくの日本自動車史』

『間違いだらけ』公式twitterはじめました。
@machigaidarake