www.soshisha.com
本を探す
いのちの始まりと終わりに
生きる価値があるいのちとは何ですか。代理母問題から安楽死まで、医者の論理ばかりが突出する現代社会で、生と死の倫理を問い、いのち本来のありかたを考える。
立ち読みページへ 特設ページへ
ISBN 978-4-7942-1065-4
定価 1,512円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 208頁
初版刊行日 2001年06月29日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
柳澤桂子
1938年東京生まれ。お茶の水女子大学を卒業後、コロンビア大学大学院を修了。生命科学者として研究の第一線にいたが、病に倒れ断念。以来闘病をつづけながら、「生命とはなにか」を問う著作を執筆してきた。著書に、『二重らせんの私』(日本エッセイスト・クラブ賞受賞、早川書房)、『われわれはなぜ死ぬのか』『生と死が創るもの』『ふたたびの生』(以上、小社刊)他多数。
 この本へのご意見・ご感想