www.soshisha.com
本を探す
脳障害を生きる人びと
―― 脳治療の最前線
植物状態と診断されたが実は意識があった……。脳卒中や交通事故で脳に障害を負った人々を巡る驚くべき現実、医療・社会の対応の遅れを描き、治療の新たな道を探る。
ISBN 978-4-7942-1540-6
定価 1,944円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2006年11月06日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
中村尚樹
ジャーナリスト。1960年生まれ。九州大学法学部卒。NHK入局。記者として原爆被爆者や医療問題などを取材し、岡山放送局デスクを最後に独立。法政大学、大妻女子大学非常勤講師。著書に、高次脳機能障害を取り上げた『脳障害を生きる人びと』(草思社)、『名前を探る旅:ヒロシマ・ナガサキの絆』(石風社)等がある。
 この本へのご意見・ご感想