www.soshisha.com
本を探す
認知症を生きるということ
―― 治療とケアの最前線
治らない病気と決めつけるのでなく、その人らしい日々の暮らしを送るための方法を、最新の治療薬・治療法やケアの手法等から探る。丹念な現場取材で実情を紹介。
ISBN 978-4-7942-1697-7
定価 1,944円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 272頁
初版刊行日 2009年01月30日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
中村尚樹
1960年、鳥取市生まれ。九州大学法学部卒。NHK記者を経てジャーナリスト。専修大学社会科学研究所客員研究員。九州大学大学院、法政大学、大妻短大等で「平和学」「地方分権論」「多文化コミュニケーション」等担当非常勤講師を歴任。著書に『占領は終わっていない――核・基地・冤罪そして人間』(緑風出版)、『最重度の障害児たちが語りはじめるとき』『認知症を生きるということ――治療とケアの最前線』『脳障害を生きる人びと』(いずれも草思社)、『被爆者が語り始めるまで』、『奇跡の人びと――脳障害を乗り越えて』(共に新潮文庫)、『「被爆二世」を生きる』(中公新書ラクレ)、『名前を探る旅――ヒロシマ・ナガサキの絆』(石風社)。共著に『スペイン市民戦争とアジア――遥かなる自由と理想のために』(九州大学出版会)、『スペイン内戦とガルシア・ロルカ』(南雲堂フェニックス)、『スペイン内戦(1936〜39)と現在』(ぱる出版)ほか。
 この本へのご意見・ご感想