www.soshisha.com
本を探す
最重度の障害児たちが語りはじめるとき
生まれつきの重い障害のため言葉を持たないと思われていた子供たちは、じつは豊かな言葉の世界を裡に抱えていた。丁寧な取材をもとに人間の可能性を示した感動作。
ISBN 978-4-7942-1999-2
定価 2,376円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 320頁
初版刊行日 2013年09月25日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
中村尚樹
ジャーナリスト。1960年生まれ。九州大学法学部卒。NHK入局。記者として原爆被爆者や医療問題などを取材し、岡山放送局デスクを最後に独立。法政大学、大妻女子大学非常勤講師。著書に、高次脳機能障害を取り上げた『脳障害を生きる人びと』(草思社)、『名前を探る旅:ヒロシマ・ナガサキの絆』(石風社)等がある。
 この本へのご意見・ご感想
この本を購入する